backcms
オリジナル・ヘッドレスCMS
構築サービス


backcms
現在、販売開始セール中で、半額の15万円で販売中です!!
backcms
MicroCMSのようなヘッドレスCMSを貴社オリジナルの仕様で、低価格で内製化できます。
あらゆるデータ管理をAPI化し、業務フローを自動化・効率化しましょう!
logicky logo
弊社Logickyはクラウドファンディング等のパッケージシステムを90件以上販売しております。
システムの受託開発も100件以上の実績がございます。

ヘッドレスCMSとは?

ヘッドレスCMSは、フロントエンドとバックエンドを分離し、バックエンドのみを提供しているCMSです。

フロントエンド(表示部分)がないため、「ヘッドレス」と呼ばれています。

コンテンツはバックエンドのAPIを通じて提供され、フロントエンドは自由な技術で構築できる点が特徴です。

ヘッドレスCMSのメリット

コンテンツ作成前後のフローの自動化ができる

ヘッドレスCMSはコンテンツ管理機能をAPIとして提供するため、コンテンツ作成から配信までのプロセスを自動化できます。

複数の端末・画面用のバックエンドを一元管理できる

APIでコンテンツを取得できるので、あらゆる端末・画面用のフロントエンド(表示部分)さえ用意すれば、コンテンツを表示できます。

BackCMSの特徴

完全カスタマイズ対応

SaaS型と異なり、貴社の要件に合わせてカスタマイズし、貴社オリジナルのCMSを構築いたします。

貴社サーバに設置

貴社サーバに配置しますので、SaaS型よりも月額費用が大幅に安くなる可能性があります。(サーバ運用を自前化することになるので逆に大変になる可能性もあります)

業務フロー全般の自動化

貴社の業務フローに合わせて、CMSをカスタマイズするだけでなく、その前後の業務との連携の自動化までご支援が可能です!

カスタマイズで何にでもなれる

APIを作りフィールドを設定しデータを登録するという一連の流れは、CMSだけでなく全てのデータにおいて基本的に同じです。 適切なステータス管理やレビュー設計をカスタマイズすることで、貴社専用のノーコードバックエンド構築システムを作ることができます。

運用・保守も万全

CMSのアプリケーション・サーバ保守はもちろん、その周辺のCMSと連結する各種APIの保守も対応可能です。

低価格・高品質

要件を満たすシンプルな設計を心がけ、お見積りも機能・工数が明確になるようにご提示いたします。

その結果として、一般的なシステム開発会社と比べて激安と言われることが多いです。

BackCMSはどのようなときに利用メリットがあるの?

既存のSaaS型のCMSサービスだと機能的に不十分なとき

BackCMSは完全カスタマイズですので、貴社が本当に必要とする全ての機能を、なるべくシンプルに実現いたします。

他の業務フローとシームレスに連携したいとき

ヘッドレスCMSですので、コンテンツ管理がAPI化されており、コンテンツの作成から配信までのプロセスを自動化できます。

BackCMSは貴社サーバ内で動きますので、ポリシー的に外に出せないといった場合でも対応できます。

SaaS型のヘッドレスCMSだと月額料金が高いとき

BackCMSは初期費用は発生しますが、月額費用は、弊社に運用・保守サービスをご依頼いただかなければ発生しません。

貴社の既存の運用チームで、CMSの運用・保守もできる場合は、月額費用がサーバコストだけになるので、SaaSを使うよりも圧倒的にコスト安になる可能性があります。

また、弊社は運用保守サービスもご提供しておりますが、非常にロープライスで網羅的な運用・保守をご提供しております。

管理したいデータが普通のコンテンツではないとき

APIを作りフィールドを設定しデータを登録するという一連の流れは、CMSだけでなく全てのデータにおいて基本的に同じです。

CMSをカスタマイズし、ステータス管理やレビューを最適化することで、あらゆるデータの管理に対応できます。

BackCMSは、完全カスタマイズ・貴社サーバでの運用となりますので、 SaaSの月額料金ルールに縛られることなく、貴社専用の汎用的なノーコードバックエンド構築システムを作ることができます。

BackCMSの機能

ユーザ認証

メール・パスワードログイン、Googleログインを標準装備しています。 それ以外の認証方法ももちろんカスタマイズ可能です。

権限管理

シンプルな権限管理機能が標準でついています。 貴社に最適な細かい権限管理の仕組みをカスタマイズ可能です。

Webhook

記事投稿時、更新時、削除時にWebhookイベントが発火し所定のURLに記事内容を通知できます。 Webhookのイベント発火タイミング、送信内容をカスタマイズできます。

IPアドレス制限
※ 要カスタマイズ

記事投稿時、更新時、削除時にWebhookイベントが発火し所定のURLに記事内容を通知できます。 Webhookのイベント発火タイミング、送信内容をカスタマイズできます。

SSO認証
※ 要カスタマイズ

記事投稿時、更新時、削除時にWebhookイベントが発火し所定のURLに記事内容を通知できます。 Webhookのイベント発火タイミング、送信内容をカスタマイズできます。

APIフィールド管理

APIの各フィールドを簡単に追加・編集・削除ができ、フィールドの表示順もドラッグ&ドロップで変更できます。 各フィールドのバリデーションルールや、必須項目指定なども簡単に設定可能です。

ステータス管理

標準で、下書き、レビュー中、公開、公開終了といった、CMSでよくあるステータス管理ができるようになっています。 より汎用的なステータス管理にしたり、貴社特有のステータス管理にカスタマイズすることができます。

二要素認証

ログイン時に二要素認証を利用することができます。

チーム

ユーザはチームを複数作成することができ、チーム毎にユーザを招待したり、権限を管理したりすることができます。 APIとそのコンテンツはチームに紐づきます。

ユーザ招待

ユーザ招待機能も標準でついています。メールアドレスに招待メールが送信されます。権限も設定可能です。 ユーザのCSV一括登録等はカスタマイズで追加可能です。

レスポンスの高速化

CloudflareのCDKを使うことと、画像ファイルのサイズ最適化を使うことで、レスポンス速度を向上します。

監査ログ
※ 要カスタマイズ

詳細な監査ログの取得・表示の仕組みをカスタマイズで追加できます。

コンテンツ変更履歴

詳細な監査ログの取得・表示の仕組みをカスタマイズで追加できます。

コンテンツの復元

詳細な監査ログの取得・表示の仕組みをカスタマイズで追加できます。

レビュー申請・承認

詳細な監査ログの取得・表示の仕組みをカスタマイズで追加できます。

メディア管理

画像やその他ファイルを簡単にアップロード出来ます。アップロードしたファイルを複数のコンテンツで利用できます。

リッチテキストエディタ・マークダウンエディタ

リッチテキストエディタによるコンテンツ編集も可能です。 基本的にはマークダウン形式で書き、簡易的プレビューも画面移動なく可能です。 画像のドロップでアップロードできます。

コンテンツAPI

高機能なコンテンツ取得APIが標準でついています。 貴社のニーズに合わせて、最適なAPIにカスタマイズいたします。 また、コンテンツ以外のAPIも作成可能です(例: ユーザ追加や、API追加、レビューなど)

BackCMSの料金

お気軽にご相談くださいませ!

BackCMS標準機能

30万円(税別)

サーバ設置(標準構成)

10万円(税別)

カスタマイズ

別途お見積り

運用・保守

5万円(税別) ~

BackCMSのデモ

是非BackCMSのデモを御覧ください!

BackCMSの画面サンプル

TOPページ
API一覧画面
フィールド設定画面
コンテンツ作成画面
メディア画面
backcms